第13代理事長
吉原 正

会員の皆様には同窓会活動にご協力いただき御礼申しあげます。
2018年4月から同窓会理事長を務めております23期の吉原正(まさし)と申します。学院卒業は1972年(昭和47年)です。

1949年(昭和24年)に現在の戸山キャンパス内に設置された新制高等学院は、1956年(昭和31年)の上石神井移転を経て、2019年(令和元年)に創立70周年を迎えました。3年後の2024年(令和6年)には大きな節目となる75周年を迎えることになります。
卒業生(1期~71期)は4万名を超えており、その活躍の場は社会のあらゆる分野に拡がっています。私自身、同窓会メールマガジンやホームページの編集に関わる中で、学院のDNAとも言うべき「自由」の中で醸成されてきた卒業生の多様性を実感します。
小説「人生劇場」の作者である尾崎士郎は「早稲田大学について」という随筆の中で、「早稲田的性格は額ぶちのない絵のようなもの」「あの明るさと叛骨、額ぶちのない自由さ」と大正時代初めの青春を過ごした母校への想いを述懐しています。「額ぶちのない絵」とは正に言い得て妙で、学院の気風を100年以上の時を経た今でも端的に表しているのではないでしょうか。
同窓会は、こうした気風を受け継ぐ学院生の「文武両道の挑戦」を応援する「学術研究奨励金」と「文化・体育活動奨励金」を最も重要な活動のひとつとして位置付けています。

2020年春以降、社会全体が新型コロナ感染症による深刻な影響を受けています。学院も例外ではなく、昨年春の卒業式・入学式の中止、オンライン授業実施や部活動の一時休止など、過去に例のない難しい状況に直面しています。
このような状況を受けて、「同窓会として何が出来るか?」を理事会で検討した結果、既存の「同窓会奨学金」支給総額を2020年度については当初予定の30万円を100万円に増額して家計急変などで経済的困難に直面した生徒を支援することとしました。今後も状況に応じた支援を継続していきたいと考えています。
コロナ禍の中で同窓会も様々な制約を受けていますが、活動の目的である「同窓生の相互親睦」と「母校発展への寄与及び学院生支援」のために、これからも理事会を中心として運営してまいります。
皆様のご理解とご協力をお願いいたします。